無料
エロ
動画

官能小説 お隣のセックス事情

隣の気になるセックス事情を赤裸々に 書き綴っていきます。

VIP会員様限定コンテンツ

思春期の良子 18



「さ〜て、散歩にでも行こうか」

「いいですね」


二人は部屋を出て、

エレベーターで一階に下りた。


そして、ロビーを通り抜け、

外に出ました。


ホテルを出て左に曲がり歩いていくと、

たくさんのおみやげ物屋さんが

並んでいました。


「人がたくさんいますね〜」

「どこかのツアーの人たちみたいだね」


「何か買っていこうか・・・」

「わたしおまんじゅうがいい〜」


「若い子はやっぱり食べ物か」


「僕はこれがいいな」


「いらっしゃいませ」

「それは、寄木細工です」

「気に入ったのどうですか」

店員が言いました。


「うんと・・・」

「これが良さそうだね」


おじさまは小銭要れを指差した。

「こちらでよろしいですか」

「うん、僕はこれで・・・」


「良美ちゃんはおまんじゅうでいいの」


「うん、このおまんじゅうおいしそう〜」


良子は菜の花まんじゅうが

気にいったみたいだった。


「これ、ふたつでいくら」

「え〜3,700円です」


「じゃ〜これで」


おじさまは1万円札を店員に渡した。

「どうも、ありがとうございました」


おじさまは店員からおつりと

品物の入った袋をもらった。


「良美ちゃん、なにか他に買いたいものはないの」


「おじさん、ありがとう〜おまんじゅう」

「もうないわよ」


二人は店を出ると、もと来た道を戻り、

ホテルに帰った。


「は〜そろそろ疲れてきたね」

「おじさま運転してきたからね」


「明日は10時にチェックアウトだから」


「昼過ぎには、渋○に着くね」


「良美ちゃん明日は仕事?」

「うん、でも・・・」


「明日は休んじゃおうかな・・・」


「明日一日休んで明後日から行く」


「僕は明日、そのまま用事があるから、

良美ちゃんはゆっくり休みなよ」


「おじさま、明日仕事?」

「うん、明日は大事なお客様と

会う約束してるんだ」


「そうなんだ〜」


「良美ちゃん、ちょっと肩揉んでくれない」

おじさまは肩を叩きながら、

言いました。

「いいわよ、おじさま〜」


良子はおじさまの後ろに座り、

両手で肩を揉み始めた。


「あ〜気持ちいいよ、

良美ちゃんうまいね〜」


「わたし前、おばあちゃんの肩

良く揉んでたから」


「グ〜ス〜」


おじさまは気持ちが良くなったのか、

そのまま目を閉じて、

いびきをかいて寝てしまいました。


「もう〜おじさまったら〜」

良子は、おじさまが自分を抱いてくれないので

ちょっと残念そうでした。


その後良子は、2人分のふとんを敷き、

おじさまを布団に寝かせ、

自分も電気を消して横になりました。


(まだ8時じゃない)

(おじさまったら〜)


(でも、疲れてたのね)

(また、いつかチャンスはあるわ)


そんなことを考えながら、

良子もいつの間にか眠りにつきました。


・・・つづく。








  1. 2011/01/23(日) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
<<思春期の良子 17 | ホーム | 思春期の良子 19>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kannou.dtiblog.com/tb.php/34-80ec6f64
紅音ほたる 長谷川なぁみ 藤井彩 飯島なつき
松岡理穂 紋舞らん 中田結衣 白石ひより
つかもと友希 大槻みなみ 紫彩乃 水野あすみ
及川奈央 美咲沙耶 うさみ恭香 片瀬くるみ
大沢萌 宮下杏奈 長瀬愛 瀬戸彩

人気カテゴリー

人気AV女優無修正

今月の特集

DTIブログニュース

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close